2か月ぶりなので初投稿です。
月1で更新したい(願望)と思いつつなんだかんだ期間が空いてしまいました…
まあ、その為のタイトルきまぐれなんですけども。
今回はタイミング的にもちょうど書く作品があった…というよりかはどうせ近々更新するならこの作品発売まで待つかぁ…っと待ってたあの作品です。
そんな事ブログ内では一回も言ってませんけど。









それでは、イクゾー!デッデデデデデ(カーン)。





【作品紹介】 

kancolle_20210424-234624787

今回感想をつうずるっ!のは「9-nine-」
えろげいすとわ~るを始めるきっかけになったシリーズでありながら実はこの記事で取り上げて来なかったんですよね。
まあ、ストーリーがほぼ完結したゆきいろの感想記事がきっかけで既に感想をを書いちゃってたせいでもあるんですけども。
なので今回ストーリー完結という事で改めて書いていこうと思います。
ゆきいろ以前のシリーズ作品はあんまり感想書いてませんでしたしね。

今作はぱれっとより2017年に発売された「9-nine-ここのつここのかここのいろ」から始まった9-nine-シリーズの全年齢版移植兼、全てのシリーズ作品がまとまった完結版ですね。

多分完結版が出るまで待ってた、R-18版とどっち買えばいいか分からん、って人もいるのでネタバレを抑えつつその辺の話もしていきたいな、と思います。
公式リンクは上の画像から


【まずは感想!】

◆Episode.1 ここのつここのかここのいろ

kancolle_20210425-000233404

第1章担当はセンターヒロインでもある九條都。
お天さんがみゃーこ先輩って読んでるので以降みゃーこ先輩って呼んでます。

このルートは内容的には有料体験版…ですかね…
今回の完全版から入る人から見れば序章という認識で問題ないです。
ざっくりとした世界観の説明、起承転結の起にあたる作品なのでお話的に結構不完全燃焼で終わります。
が!ストーリー的にはモヤモヤ、っとするんですけど本筋をあんまりやらないおかげで一番ギャルゲーしてたルートでもあります。
みゃーこ先輩が今どき珍しいくらい余計な属性を削ぎ落した純粋美少女、といった感じの癖のない正統派ヒロインなので内容もまあ癖のないギャルゲーですね。
ただ、純粋にギャルゲーしてたのって1章だけなので実は結構貴重な癒しだったりします。


◆Episode.2 そらいろそらうたそらのおと

kancolle_20210425-000408905

第2章のヒロイン担当は主人公の妹でもある新海天。
エロゲでは義妹設定の子も多い中、しっかり実妹です。

ストーリーが面白くなり始めるのがこの第2章。
というか9-nine-は4つのEpisodeが綺麗に起承転結をそれぞれ担当してる感じがありますね
なので第2章であるそらいろは承担当です。
恐らく第1章のここいろをプレイすれば分かると思うんですがお天さんと主人公の翔のやり取りはテンポがよくて面白い
こう…絶妙にうざい感じが妹なんですよね、お天さん。
実際に妹がいる私が言うので間違いありません。
そんなお天さんとの絡みが多くなる第2章は当然日常会話がずば抜けて面白い。
声優の種崎敦美さんの演技力が凄まじいのもありますが。
それでいてストーリーもシリアスになり始めるので一気に作品の世界観に引き込まれていくようなお話ですね。
シナリオゲーとして期待すると第1章では肩透かしを喰らっちゃうかもしれませんが是非ここまではプレイして欲しいですね。
恐らくここまで来たら自然と第3章、第4章へと読み進めてしまうはずです。


◆Episode.3 はるいろはるこいはるのかぜ

kancolle_20210425-000516551

第3章担当ヒロインは2章まで敵陣営だった香坂春風。
私はこの章内でお天さんから命名されてしまうデスカレー先輩呼びが好きなのでそっちで呼んでます。

この章は発売された年にも思ってましたが起承転結の転の部分でもありながら終わり方が滅茶苦茶スッキリしてるんですよね。
もしかしたら4つのEpisodeのうち実は一番ハッピーエンドだったんじゃない?ってくらいには。
ストーリー的にも滅茶苦茶熱い展開になりますし、それでいてデスカレー先輩が「その濃いキャラどうやってここまで隠してた?」っと思うくらい濃ゆいキャラをしてるので凄く楽しませてもらえます。
普段はおどおどしてるのに変に図太いところがいいんですよね…デスカレー先輩…
ただ、シナリオを進めつついちゃつくのでここからはギャルゲー感がかなり薄れてしまいますね…
シナリオゲーの性ではあるんですが…
本筋を進め終わった後余った尺で、って感じなので先輩が好きな人はギャルゲーとして見ると物足りないかもしれません。
ホント…FD出してくれないかな…


◆Episode.4 ゆきいろゆきはなゆきのあと

kancolle_20210425-000542504

第4章担当ヒロインはここに来るまで素性があまりよく分からなかった結城希亜。
お天さんからは結城先輩呼びで特徴的な呼び方をされてないのでちょっと寂しいですね…

ストーリー的にはここが完結編です。
一応完全版発売で新章が追加された訳ですけどまあ…この章で粗方片付くので…
この章はまあ…今までと打って変わって話が重くなりますね…
3章は割と本筋も少年漫画的熱さだったんですけど4章に関しては途中からおっもいおっもい。
OPの雰囲気から何となく察せられるかもしれませんが。
この章に関しては初見のあの演出がまさに鳥肌モノ。
やれば分かりますが今回の完全版からやる人は是非ネタバレを一切踏まずにそこまでプレイして欲しいですね。

ギャルゲー的には…4章をやらないと一切想像がつかないと思いますけど希亜の小動物的可愛さに悶える事になると思います。
3章まででは出会いの時点で好意的な訳じゃないのでデレかたの想像が付きにくいってのもありますけど。
この章をやると結構印象が変わりますし、かといって攻略しない他ルートでは相変わらずなのである意味デスカレー先輩よりもギャップが凄いヒロインですね。


◆新章

kancolle_20210424-234624787

という訳で完結編の後の真の完結編である新章
気になるのはここの評価でしょうし人によってはここまで読み飛ばしましたね?
センターヒロインは勿論、名前にタイトルを背負ってる九條都。

……と言いたいんですけどストーリー自体は結構あっさり終わります
尺的には新章2割、各ヒロインの追加エピローグ2割ずつでの合計10割、といった感じでしょうか。
個人的な感想を言うと新章でも4章のゆきいろよりもスッキリ終わらせてくれるか、と言われるといや…?そんなでもないかな…?と思いました。
なんなら私は最後までプレイした上で一番スッキリ終われたのは3章のはるいろだと思ってますしね。
あれはED曲の強さも手伝ってるとは思いますけど。
正直期待以上のものが出てくるか、と言われるとストーリー的にゆきいろ越えと感じる人は少ないかもしれない、と私は思いました。
いや、良かったんですけどね?
4章がやっぱりインパクト強かったのでそれ以上の展開を、となるとちょっと肩透かしかなぁ…とは思います。

それとほぼ8割を占める各ヒロインのアフターストーリーですけど。
これがエロゲーならなー!なー!
これをやった上でもっと9-nine-でギャルゲーしたいと思いましたね。
いや…1章時点でがっつりギャルゲーしてたみゃーこ先輩と違って本当にデスカレー先輩と希亜はギャルゲーし足りないのよ…
ここに関しては私は推しキャラのデスカレー先輩に贔屓目入っちゃうので以上でーす。


【全体的な感想!】

  • 章を進めるにつれて面白くなるストーリー
9-nine-の魅力はなんと言ってもこれ。
1章から4章に向けて右肩上がりをし続けるストーリーの面白さですね。
特に去年のゆきいろなんかは1年待たされての完結編、という事で盛り上がりも最高潮だったと思います。
ベストエロゲでも上半期では1強扱いでしたしね。
ここ最近のエロゲではトップクラスに評価が高かったシリーズなので触ってみて損なし、だと私は思います。

  • 魅力的なヒロイン達
美少女ゲームでこれ損なったら終わりよ、って感じですけども。
正統派ヒロインのみゃーこ先輩。
妹特有のウザさがありつつも翔くんとの絡みが面白いお天さん。
ある意味一番個性が強烈なデスカレー先輩。
自身のルートとそれ以外でのギャップが凄まじい希亜。
と、ヒロインの魅力は十二分。

ちゃんと担当ルートに入ればその子の事を好きになれるシナリオはお見事ですね。
まあ…私は終始一貫してデスカレー先輩推しだったんですけども…


ちなみに私がシリーズを通して一番好感度が上がった人物はヒロインではなく高峰蓮夜です。


  • 能力バトルものとしてもしっかり面白い
9-nine-ってジャンル的には能力バトルものに分類されると思うんですけども
1章のここいろはともかく2章のそらいろからはがっつり能力が絡んできて、さらには能力の解釈の仕方と言いますか魅せ方がとにかく上手いんですよね。
特にデスカレー先輩とか希亜に関しては自身のルートに入らない限り、能力の本質を知る事が出来ないのでそれまで「こんな感じの能力かな?」と思っていたものが実はこういう能力でした、という面白さもあります。
新章すらそれが起きるので能力バトルものジャンルとして本当に面白い。
正直各キャラクターのアーティファクトの能力をまとめた設定資料集みたいな本が欲しくなるんですよね…
作中ではこういう表現だったけど実は本質はこういう能力でした、ってのが多そうなので…


  • 各EpisodeのOPEDが素晴らしい
やっぱ美少女ゲーム語るなら曲ですよね!
という訳でシリーズの主題歌vocalを務めているのは米倉千尋さん。
オタク的にはやっぱり「嵐の中で輝いて」を聴いたことがない、って人は珍しいでしょうしエロゲーユーザーならゆずソフトから出ているサノバウィッチ主題歌「恋せよ乙女!」あたりで馴染みも深いのではないでしょうか。
vocalの人が1人という事もありシリーズ通して統一感があった、というのは個人的に好きでしたね。
やっぱり作品の持つ雰囲気があるので。
曲の良さはシリーズの主題歌全てがベストエロゲーソング上位常連だったのもあり折り紙付き。
私はOPならEpisode1ここいろの「ReAliZe」、EDならEpisode3はるいろのあの曲が特に好きです。
はるいろEDはね…本当卑怯よ…あの曲流されたらそりゃもうハピエンヤクザも納得よ…

  • つばす先生キスシーンのCGが飛びぬけて上手い
これ私ずっと推してるんですけども!
色々美少女ゲームやってても本当につばす先生のキスシーンが一番上手い、と思ってます。
ちなみにキスシーンが上手くない、もしくはそもそもCGとして存在しない場合、私は露骨に萎えます。
9-nine-では特にみゃーこ先輩のCGね。
完全に少女漫画だな、って思いましたね。

流石は女性イラストレーターさんだな、と。
各ヒロイン全員構図が違うにも関わらず上手いのは卑怯ですよね…



【ここからエロゲ版とギャルゲ版の比較よ!】

という訳でお膳立て終了
ある意味ここからが本題ですね。
完全版と今までの分割版どっち買えばいいのさ問題
その辺の感想をエロゲ版をやった上で完全版を買った身として書きたいと思います。

  • シナリオだけが目的なら完全版でもよろし
今まで分割版買わずに完全版を待ってた、って人は今回の完全版を買ってしまうのもいいと思います。
全年齢版になるにあたってカットされたのは当たり前ですけどえっちなシーンと後は各エピソードのパッケージタイトル画面だけなので。
ボリューム的には9nineって元々3000円にしてはかなり濃密だったんですよね。
1Episode自体がロープラ作品なのに1日使ってようやく終わる、ってくらいのボリュームなんですよ。
なのでそれが4本詰まった上に新章も追加されている完全版はシナリオゲーとして見た時、納得できるボリュームではあると思います。
エロいらない派の人は完全版でも問題ないと思いますね

  • 逆に前作まで買ってた人なら新章だけDLでも…
続いて今までの作品は買っていて今作完全版を買うか、新章DLだけで済ませようか悩んでる方
個人的にはパッケージに拘らないなら新章DLだけでいいと思います…
やっぱり気になる部分って全年齢向け完全版になるにあたって元々あったえっちなシーンのところにはどういう差分が組み込まれるの?とかそういう部分だと思うんですけど。
私がプレイした感じそこまでがっつり改変があった訳ではないのでその差分を見たいが為だけに諭吉を出すのはちょっと勿体ないと思いますね…
一応キャスト陣の感想なんかも完全版の方には収録されてますけど興味ない人は「興味ないね」って感じでしょうし。
ただエロゲユーザーなのにパッケージに拘りがない訳がないって言うならそれはそう。
私も新章DLだけでいいよとか言いながら豪華版買っちゃってますしね…
説得力皆無。


  • 完全版と分割版+新章DLどっちがおすすめ?
極論分割版+完全版を買うのがいいんでしょうけど流石にそこまでしたくない、って人も当然いるでしょう。
なのでそれぞれのメリットデメリットを挙げると


◆完全版
メリット
・分割版買うよりも安上がり
・パッケージの満足感
・ひとつのパッケージに全部のシナリオが入ってる
・本編クリア後にキャスト陣へのインタビューが聴ける


デメリット
†えっちなシーンがない†



◆分割版
メリット
・みゃーこ先輩のえっちなシーンがある
・お天さんのえっちなシーンがある
(尚、笑えるから抜けないと評判)
・デスカレー先輩のえっちなシーンがある(睫毛が本当にえっち)
・希亜のえっちなシーンがある


デメリット
・お値段が15000近くしてちょっとお高くなってしまう
・キャスト陣の感想インタビューがない
・立ち絵鑑賞モードが新章にはない(と言っても各Episodeには付いてる)
・新OPがゲーム内で鑑賞出来ない(つべに上がってる)


はい、こうやって比較すればどっちを買うべきかもうお分かりですね。
どっちかしか選べないなら分割版+新章はDLで済ませましょう。

確かにエロゲーマーはエロゲにエロはいらない、とか言ってることもあると思います。
ただ!最初っからないとなると話は別で!
やっぱそこにあって欲しいんですよ!ヒロインとのえっちなシーンは!
例えスキップかますとしても!
存在すらないのはなんか寂しいんですよ!もとはエロゲなのに!

9-nine-に関してはえっちなシーンでヒロインが実況を始めないので個人的に読み物として普通にいける、と思ったくらいなのでおすすめです。
このライターさんえっちなシーンの文章が本当に上手い。

なのでね…えっちなシーンがあるとないとじゃ大きな隔たりがあると思うのでね…
ちょっとお値段が嵩んでキャスト陣へのインタビューが聴けなかったとしてもR-18の分割版を買う方が個人的にはおすすめですね…


2021年5月10日までセール中でDL版なら各Episodeが結構お安くなってるのでそういう意味でも分割版おすすめです。




ここいろに至ってはほぼ半額になってますし今なら全部買い+新章でも完全版と同じくらいの値段に収まると思います。

ちなみにここのリンクを踏んで買った場合次のえろげいすとわ~るの糧にする、と正直に言っておきます。
お前にやる金はねぇ!という方は普通にggって辿り着きましょう。



【実際全年齢版で出てどうよ?問題】

若干愚痴っぽくなっちゃいますけど流石に触れずにはいられない。

いやもうね、完結作が出るにあたって新章のみのDLがあってもなくても私は完全版の方を買うつもり満々だったんですよ。
やっぱりオタクなので。
持ってたいじゃないですか、完全版パッケージ。

ただなぁ~んで今までエロゲだったのに急に全年齢版にして完全版出しちゃったかなぁ…
本当にそこだけが不満で。
普通にエロゲとして完全版出るんだったら喜んでお金出せてたんですよね…気分的に…
それが全年齢版のみ、という事で冷や水を浴びせられた気分になり、内心複雑な気分でしっかり豪華版を買いました…

7691

特典はげっちゅ屋様に忠誠を誓ったのでデスカレー先輩のタペストリーです、飾らないですけど。

その豪華版も豪華版でいや、この内容なら25000円くらいじゃないか?って値段設定で思うところはありますね…
後ソフィーティアの手紙ね。
あれは通常版の方にも入れてあげないとダメでしょう…
正直内容的には大した内容じゃなかったですよ?
豪華版買わなくても問題ないねと思うくらいには。
ただ私は買って中身を見たので「これ目的なら豪華版はやめた方がいい」って言えますけど中身知らないとどんな内容か気になって夜も寝れないでしょうし…
私はまだ所有欲満たす為に買ってる部分が大きいので自分の中で納得はしてますけども。
本当なぁ~!
最後は気持ちよくED迎えさせてくれよ…って気持ちでいっぱいでしたね。

もしかしたらこの心の靄が新章がゆきいろほどじゃなかった、って評価に影響してる可能性すらありますからね。
素直な気持ちではプレイ出来てなかったかもなぁ…とはちょっと思っちゃってます。



【最後に】

最後ちょっと愚痴っちゃいましたけど作品として面白いのは間違いないです、本当に。
そこに関しては嘘偽りないですね。
ストーリーが完結した記念に手を出してみるのは如何でしょうか?







まあ、私が最後に言いたい事はひとつですよ。

私はまだデスカレー先輩の「ラブラブエロエロエピソード追加パッチ」を諦めていないが?
※訳:最後に純エロゲーなFD出して♡




終わり。