ビルドダイバーズリライズが面白いので初投稿です。
個人的には前作の無印ダイバーズより好き。

勝手に先週おサボサボしましたがマジで書く事ないねん。
今週は書きます。


【ビスカリア開花してますね】

kancolle_20191107-195559962

アプデ記事の方では反応薄めになっちゃんですけど。
何気に私の初昇華ってビスカリアなんですよね。
でも個人的に開花絵よりも通常と進化の方が好みだったんで反応にとても困った…

代わりにキャラクエと寝室はすこすこでした…
キャラクエはすっきりまとまってましたし寝室はビスカリアのめんどくさい女っぷりが炸裂してましたね。
いいゾ^~これ。


【書く事あんまないし開花セレクションの評価でも】

kancolle_20191105-170712873

こう…しばらく暇な週が続きそうなので勝手に開花セレクションで出る虹の現環境評価でも…

・ストック
間違いなくデバフ虹の中では上から数えた方が早い。
被弾前提の強力なバフを支えるデバフと防バフの噛み合いが非常にいい。
ネックなのは全体スキルくらいで素虹の中でも十分強い部類だと思う。

・コムギ
1ターンスキルパのクリティカル型にするなら非常に取り回しがいい。
20%×4人で上限が達成できるのである程度安定した周回も可能に。
2体スキルで使いにくいデージーや10%で流石にカバーが必要なタチアオイよりも無難な選択肢。

・コデマリ(イースター)
ゴリゴリのバッファー。
最大80%のバフとスキルダメバフ15%で力こそ正義だと言わんばかりのバフ性能。
変動スキルだったりで取り回しはしやすい。
ただ単体敵には結構貧弱になりがちなので完全にオールマイティかと言われるとちょっと微妙かも。
どっちかと言えば周回出来るレベルの難易度向き。

・シロタエギク(クリスマス)
非クリティカルの1ターンスキルパでは今でも強力な存在。
確定クリティカルとダメージバフで自身の火力が2倍以上になるので周回先によってはシロタエギクが殴るだけで倒しきれる事も。
所謂雑魚専的な性能ではあるもののフルオートになった今高火力で後続の行動人数を減らせるシロタエギクは意外と追い風かもしれない。

・エーデルワイス(新春)
ダメージバフ2種の乗算×乗算モンスター。
ただ最近の敵は高防御も増えてきてダメージバフは弾かれやすくなってるのも事実。
なんだかんだ強いものの場所は選ぶようになったかもしれない。

・シュウメイギク
やはり1ターン目限定とは言え与ダメージ25アップは純粋に強すぎる。
互換性能のノヴァーリスと違って敵の数に左右されないのが強み。
後個人的に全花騎士中一番乙女です。

・ワビスケ
正直シュウメイギク様でいい感がヤバい。
択に挙がってくるのは1.65倍持ちを両方魔属性にしたいとき。
足が速めなのは周回においては利点になってくれるのでそこは偉いかも。
腐っても1.65倍持ち。

・ラベンダー(バレンタイン)
スタンダードなデバフ持ち。
スキルが3連撃と単体相手にも強く出れるのは明確な強み。
ただ足が非常に遅いので文字通り足を引っ張る。
移動力FMでカバーしなくちゃいけなかったりとある種の縛りが生まれてしまうのでパーティを組む時はよーく考えないといけない。

・ウキツリボク(競技会)
単体相手には攻撃バフ80%スキルダメバフ15%でゴリラと化す。
スキルも単体スキルなので完全に単体特化。
使う場所は選んでしまうものの使える場所ではちゃんと強いのは偉い。
ただ足が若干遅め。

・パフィオペディルム
ターン経過ダメージバフ持ちの回避役。
15%ずつ上昇の上限45%なので最大値まで到達するのに4ターンを要する。
なので基本的に3ターン程度の戦闘まではJBオオオさんに役割が食われがち。
ただしこちらは変動スキルで敵を選ばない、自身が落ちてもバフは残り続けると差別化出来る要素は多い。
単純な上位下位の互換関係でもないので持ってたら持ってたで切れるカードが増えるみたいな認識でいいかも。

結構真面目な感じになりましたね。
いい感じに文字数稼げるしこれから恒例化…するかもしれない…


【終わりに】

マジで書く事ないねん最近!
FMがぐわー!っと環境動かしてくる感じの要素でもないですしね。
そこは批判したい、というよりもむしろそうであって良かった要素ではありますけど。
ただ環境動かないのはそれはそれでつまらないなぁ…と思うのも事実で…
結局クリティカル環境が長すぎるという事に起因するんだとは思いますが。
やっぱりここらで全体のキャラクターバランス調整で環境変えて欲しいなとは思いますね、荒らしては欲しくないですけど。

そういえばゆず新作ですがセンターヒロインの顔が好み過ぎて結局どこで買うかまだ決められてません助けてください。
後シナリオ担当に9nineのシナリオ担当の人がいてそこも楽しみです。
終わり。