kancolle_20181029-173338632

今回のガチャ金2人とも育成前提だったので画像やら撮ってくるのめちゃくちゃ楽でした。
雅なる天つ花の令嬢、前半アップデートにて昇華対応された花騎士の性能雑感を語っていきます。
思っている事はばっさり言っていくのでそういうのが嫌な方は回れ右。
というか今回アネモネ団長にあるまじきdisを見せます。
それでもよろしい方はお付き合いください。


☆5アネモネ(天つ花の令嬢)

kancolle_20181030-010833797

昇華はさせなくてもアンプルゥは振る。
それが孤高なるアネモネ団長の流儀だ!


   [★6への昇華後のスキル]
    敵2体に3.8倍のダメージを与える
    スキルLv.1発動率:24%
    スキルLv.5発動率:34%
   [★6への昇華後のアビリティ1]
    戦闘中、パーティメンバーの攻撃力が20%上昇し、スキルダメージが12%上昇
   [★6への昇華後のアビリティ2]
    自身が敵に攻撃を与えた後、50%の確率で自身は再行動する
   [★6への昇華後アビリティ3]
    戦闘中、自身が攻撃を行った後、自身はパーティ総合力の20%を攻撃力に変換し追撃する
   [★6への昇華後のアビリティ4]
    戦闘中、パーティメンバーのスキル発動率がそれぞれの好感度に応じて最大1.2倍上昇

変動か2体スキルかどちらか掴まされるとは思ってましたが2体スキルの方でしたね。
という事は次もしも入賞出来たら変動ですか…
頑張らねば…

性能は攻撃バフ20%、スキルダメージバフ12%、スキル発動率1.2倍と少し控えめなバフ。
それに加えて再行動50%と追撃20%と…
率直に言うと劣化ブプレウルムみたいな印象ですね。
スキル発動率1.2倍の有無はありますがそこしかアネモネの長所が見当たりません。
まず追撃と2体スキルの噛みあわなさ。
対象が増えれば増えるほどリターンが大きい追撃で好まれるのは対象が3体で確定する全体か攻撃が散らせる連撃か。
2体スキルはどっちつかずなのであまりよろしくはないですね…
スキルの時点でアビリティをフルに活かせない事が確定してしまっています。
次に再行動ですが…
上振れを狙うには心許ない構成です。
アネモネが再行動する事によるメリットが追撃しかないので20000程度の追加ダメージが2回。
40000と言えば聞こえはいいですがアビをそこに持っていかれて一人でそれだけしか伸ばせないのはちょっとなぁ…という印象です。
対象が2体であれば勿論80000伸びますがそれでも、ですね。
パーティに掛かるバフが控えめな分、再行動と追撃できっちり取り返せるかと言われるとかなり微妙でしょう。
利便性に置いても現環境の2体スキルが微妙過ぎるのでその点でもイマイチ。
爆発力という点にも明確な魅力が見いだせないです。
なんというか変動スキルなら全然アリだった、というアビリティ構成ですね。
追撃とはそこそこ、再行動とは抜群の相性なのでスキルだけでも印象が違いますね。
スキルの方が足を引っ張ていると思います。


ちなみに性能を見て昇華をしない決意を固められるレベルには私が好きじゃないアビリティ構成が固まっています。
もうこれは完全に個人的な感性なんですけど
・再行動による運ゲー頼り
・追撃という伸びしろが少ないアビ
・2体スキル
とこれでもかと好きじゃない要素が詰まっているので性能に関しちゃ嫌いまであります。
アビ構成的に好きなのはシャボンソウと言ってる割に再行動が嫌いなのは受け身の運ゲーと攻めの運ゲーという点ですかね…
運ゲーを軽減するスキルデバフと運ゲーで勝つ再行動は同じ運ゲーでも真逆の性質なので…
アネモネちゃんは大好きですけどこの構成はちょっと個人的に魅力薄すぎですね…


☆5エノテラ(天つ花の令嬢)

kancolle_20181030-010917244

   [★6への昇華後のスキル]
    敵単体に4.3倍のダメージを与え、HPを吸収する
    スキルLv.1発動率:28%
    スキルLv.5発動率:38%
   [★6への昇華後のアビリティ1]
    戦闘中、パーティメンバーの攻撃力が25%上昇し、さらに自身の攻撃力が20%上昇
   [★6への昇華後のアビリティ2]
    パーティメンバーの防御力が30%、防御時のダメージ軽減率が5.3%上昇、
    自身は確率で3回まで戦闘不能にならずHP1で耐える
    ※他アビリティとの組み合わせで軽減率は最大+20%まで上昇
   [★6への昇華後のアビリティ3]
    戦闘中、自身の現在HP/最大HPの2分の1を割合として、敵へのダメージが上昇
    ※例として、現在HP100%でダメージ50%上昇
   [★6への昇華後のアビリティ4]
    戦闘中、自身は2ターンまで80%、以降は50%の確率で敵の攻撃を回避する

びっくりするほど昇華スイレンさん。
全体攻撃バフがスイレンさん28%に対して25%ですが自己バフに20%があるので合計値的には勝ってます。
回避防御、渾身とこのタイプの花騎士の特徴は異常な粘り強さですね。

レイドなどで殴らせると最後まで立っている事が多いです。
ですが性能を耐久に振り過ぎている事、パーティへの貢献度は盾役として以外は薄い事。
この辺りが非常にネック
です。
正直な話、パーティを組むとき入らない性能なんですよね。
単体で基本性能が完結してるがゆえにパーティに影響を及ぼさないのでパーティという単位で見てしまうと微妙な事が多いかと。
相手に応じて臨機応変に対応する傭兵的な本家エノテラと違って我が道を行く自由な心の方が反映されたような性能ですね。
虹が揃うと欲しくない、そうじゃないうちは欲しくなるかもしれないという性能でしょうか。

という理由で私は昇華を見送りました。
エノテラちゃんを使う機会増やしたいという理由で昇華するにはむしろこっちの方が使う機会が少なさそう。


☆5ハナオクラ

kancolle_20181030-010942893

   [★6への昇華後のスキル]
    敵単体に5.4倍のダメージを与える
    スキルLv.1発動率:28%
    スキルLv.5発動率:38%
   [★6への昇華後のアビリティ1]
    パーティメンバーの防御力が30%、防御時のダメージ軽減率が5.3%上昇、
    自身は確率で3回まで戦闘不能にならずHP1で耐える
    ※他アビリティとの組み合わせで軽減率は最大+20%まで上昇
   [★6への昇華後のアビリティ2]
    攻撃を受けた時、100%の確率で防御力の4.25倍を攻撃力に変換し反撃する
   [★6への昇華後アビリティ3]
    戦闘中、パーティメンバーの攻撃力が22%上昇し、
    さらに敵の数が少なくなるほど攻撃力が上昇
    ※3体なら15%、2体なら30%、1体なら45%上昇
   [★6への昇華後のアビリティ4]
    戦闘中、自身は2ターンまで80%、以降は50%の確率で敵の攻撃を回避する

超反撃ください(直球)
敵が少なくなるほど上昇する変動型の攻撃バフ15%~45%。
これに防御反撃回避と。
え?ダメージソースこれだけ?と本気で目を疑いたくなる攻撃の薄さですね…
ほぼほぼサフランと同じ構成な事を考えてもアビ一個足りてないですね。
何かしらくれないと盾役としてしか役割がないでしょう。
現状の回避盾は盾+αとして役割がありますがハナオクラにはその+α部分がないので採用理由が他の回避盾に持っていかれます。
アビ一個何かつけてください、って性能ですね。
流石に今の環境でこれを出されてもなぁ…と。
調整前サフランがいた時ならまだ分かりますが。



☆2ユキヤナギ

kancolle_20181030-011017592

   [★6への昇華後のスキル]
    敵2体に3.8倍のダメージを与える
    スキルLv.1発動率:24%
    スキルLv.5発動率:34%
   [★6への昇華後、かつ開花後のアビリティ1]
    戦闘中、パーティメンバーの攻撃力が25%上昇
   [★6への昇華後、かつ開花後のアビリティ2]
    戦闘中、パーティメンバーのスキル発動率がそれぞれの好感度に応じて最大1.2倍上昇
   [★6への昇華後、かつ開花後のアビリティ3]
    自身が敵に攻撃を与えた後、60%の確率で自身は再行動する
   [★6への昇華後、かつ開花後のアビリティ4]
    戦闘中、パーティメンバーのスキルダメージが15%上昇し、
    さらに自身のスキルダメージが20%上昇

性能的には今回のアネモネちゃんと割と似た感じですね。
攻撃バフ25%、スキルダメージバフ15%、スキル発動率1.2倍。
ここまではかなり似てます。
差別化要因は再行動60%と自身のみスキルダメージバフ20%。
これについては再行動に関しては明確にユキヤナギが上、スキルダメバフと追撃では条件次第ですがどっこいどっこいくらいでしょう。
適当にスキルダメージバフなしで70000くらいのダメージが出せる状況ならユキヤナギのバフで割と合計20000くらいなら伸びちゃうんで。
総合力依存の追撃は20000程度で落ち着いてしまいますがスキルダメージバフは他のバフが優秀になればそこからさらに伸びますからね。
それと再行動の10%の差ですがそれだけでもかなり違います。
単純に二連続で60%を外す確率が16%なのに対し、50%だと25%。
外す方の確率ではピンと来ないかもしれませんが発動する方の確率で考えると84%と75%で与える印象がだいぶ違ってきます。
84%なら結構当ててくれそうな雰囲気がありますが75%は外してもおかしくないくらいに思いますからね。
同じ日に昇華対応されたアネモネと比べるとこちらの方が使い勝手としてはいいと思います。

ただ2体スキルが微妙なこと自体は変わらないです。
なので凄い良い性能か?と言われると別にそうでもない、というのが個人的な評価ですかね。
直前まで上げておいてなんですがぶっちゃけどんぐりの背比べみたいなところはあります。




2体スキルは癌。
もうこれに関してはしょうがないんですけどね。
敵が2体出てくるのが一部の水影という環境な時点でこうなってしまいますしその水影も別に全体使っとけば困らないのでいい印象は今後も抱く事はないでしょう…
取り合えず今回の昇華はハナオクラ以外はいいとしてハナオクラはいかんでしょ、という感じですね。
調整前サフランと似た性能を今出しますか?と。
調整が必要だった性能を今出しても結局ユーザーから文句が出て上方修正してくれみたいな風潮になるだけだと思うんですけどね…
ここは擁護は出来ませんね。
普通に調整不足だと思います。

ギンリョウソウも相変わらず音沙汰なしですし色々言われる前にさっさと直してくれ~……と思わずにはいられませんね…

以上、性能雑感でした。